病院・介護施設の経営改善コンサルティング
  1. ホーム
  2. 菱沼部長代理の老健・介護ニュース
  3. 地域包括ケア病棟(床)の老健への影響

地域包括ケア病棟(床)の老健への影響

平成30年度ダブル改定において、地域包括ケア病棟からの退院先として老健が在宅復帰率へのカウントとしてされなくなりました。

グループ老健での4~7月までの紹介件数を検証した結果、影響度は少ないことが解りました。

原因としては、病院が在宅復帰率に困っていないことが考えられます。しかし、病院によりショートスティからの受入れからの依頼される場合もあるようです。これは分類的に在宅サービスだからですが、ここで気を付けなければならないのは、その手法がグレーなことです。在宅復帰を前提にショートスティをして、結果在宅へ帰れない状態になったのであればまだ理由としては成り立ちますが、病院の都合で老健入所前提でのショートスティはよくありません。

もし、そのようなことを行っている場合には、先方と十分に検討して頂ければと思います。