病院・介護施設の経営改善コンサルティング
  1. ホーム
  2. 菱沼部長代理の老健・介護ニュース
  3. 介護老人保健施設の在宅復帰

介護老人保健施設の在宅復帰

老健の在宅復帰に対する評価が今後の介護報酬改定でも強化されていきそうです。
しかし、従来型老健は全国でも7割程度なのが現状です。
実際に在宅強化型若しくは在宅復帰・在宅療養支援機能加算を算定している施設に悩みは尽きない状況です。
良い点としましては、職員のモチベーションの向上であり、施設内他職種との連携強化が図れ、収支も良くなります。実際、老健本来の役割でもあります。
悪い点としては、空床が増え稼働率低迷がでてしまうことと、在宅復帰に固執しすぎるあまり退所誘導が激しくなってしまうことです。そうしますと、施設の信用はがた落ちです。
そうならない為にも、入所時からのアセスメントや在宅退所に向け無理の無い支援が必須であります。
施設運営、特に私の立場~言わせて頂くと、収支を安定させなければ、ご利用者・職員・地域への還元もままならない状況になることは皆様もご承知であると思いますので、是非せめて加算の算定に取り組んでいくことを願います。